今日は煮干しの日


幼稚園の頃は友達のおばちゃんからたくさんもらい、
中、高校生のころは身内からちょっともらう。

なんの話をしてるかというとバレンタインである。

2月14日といえばチョコレートの日。

それくらいはおれでも知っていた。

そうあれは俺がまだかわいい小学生だったころである。

学校つくととりあえず下駄箱をみる。

とりあえずない。わかっているがガッカリするおれがいる。
なぜだ??期待してないはずなのにガッカリすることなんかあるのか?

まーいい。セカンドチャンスは教室に入ってからだ。

入ってないのはわかっているのだが机の中に手を突っ込むときは
期待してしまう。去年は確かカビたパンがでてきた・・・

今年は何か様子が違う!?ような気がする。
とりあえず手を突っ込むと何かある・・・・

なーんとラッピングされた箱があるではないですかっ!!!
チラッと見るとかわいらしい箱があるではないですか!!!
回りをみわたして誰も見てないことを確認。
もう一度見る目やっぱり夢じゃない。

とりあえず誰にもみつからないようにカバンに入れて
その日いちにちはウキウキ気分ですごしました。

とここで終わればよかったのですが・・・

6限目が終わると友達のA、B、Cくんがおれのとこに来て
“おまえチョコもらった?”と聞いてくる。

俺“いや・・・”

A、B、Cくん“ニヤニヤ”

俺“ま、まさか・・・・”

A、B、Cくん“そう。楽しめただろ?”

俺“それだけはやっちゃいかんだろ”

というわけでモテモテだったころの甘酸っぱい思い出でした~


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック